失敗しないパソコン選び方のポイントとは?

  • URLをコピーしました!

このページには広告が含まれています。

パソコンは現代の生活において不可欠な存在となりました。
仕事、学習、遊び、動画編集など、さまざまな目的に使用されています。
パソコンを購入する際には注意が必要です。性能や機能、アプリケーションソフト(Excel、Wordなど必要なソフトの有無)、予算、振動、起動音、デスクトップパソコン、ノートパソコンなど、考慮すべき要素が多くあります。本記事では「失敗しないパソコン選び方」のための重要なポイントやヒントをご紹介します。これを参考にして、自分に最適なパソコンを見つけましょう。

目次

目的にあったスペックを選ぶ

失敗しないパソコン選びのポイントを説明するブログ

まずは、パソコンを使用する目的を明確にします。
ビジネス用途なのか、ゲームやデザインなどのクリエイティブな作業に使用するのかによって、必要なスペックが異なります。
CPUの性能、RAMの容量、グラフィックカードの性能などを適切に選ぶことが重要です。目的に合わないスペックのパソコンを選ぶと、必要な作業がスムーズに行えない場合があります。

CPU(中央処理装置)の重要性

パフォーマンスと処理能力のCPUはパソコンの中核となる部分であり、ソフトウェアやアプリケーションの実行、データの処理を担当しています。高性能なCPUを選ぶことで、快適なマルチタスキングや負荷の高いタスクの実行が可能になります。

CPUのコア数とスレッド数は、同時に実行できるタスクの数やパフォーマンスに影響を与えます。複数のコアとスレッドを持つCPUは、マルチタスキングやマルチスレッドの作業において優れた性能を発揮します。

クロック速度は、CPUが1秒間に実行できる命令の数を示します。
高いクロック速度は、処理速度の向上に寄与します。ただし、単にクロック速度だけでCPUの性能を判断するのではなく、アーキテクチャや他の要素も考慮する必要があります。

同じCore i7でも世代によって性能が違います。
Core i7を例に説明します。
IntelのCPUラインナップの一部を指すブランド名「Core i7」などがありますが、Core i7プロセッサが同じ性能を持っているわけではありません。
Core i7などには複数の世代が存在します。(例:Core i7-6700、Core i7-10700K、Core i7-11700Kなど)。
新しい世代のCore i7プロセッサは、古い世代よりもアーキテクチャや性能が向上しています。
したがって、同じCore i7でも世代によって性能が異なることがあります。

またCore i7は複数のコアとスレッドを持っていますが、特定のモデルによってコア数とスレッド数は異なります。より多くのコアとスレッドを持つモデルは、マルチタスキングやマルチスレッドの作業において高い性能を発揮する傾向があります。

Core i7プロセッサのクロック速度もモデルによって異なります。クロック速度はプロセッサが1秒間に実行できる命令の数を示しますが、高いクロック速度は、処理速度の向上に寄与しますが、クロック速度だけで性能を判断するのは性格ではなく、アーキテクチャやキャッシュサイズなど、他の要素も性能に影響します。

単純に「Core i7なら性能が良い」と思わず、1番新しい世代と古い世代では半分以下の性能の場合もあるので注意が必要です。
セール品でCore i7が安いのはもしかしたら世代が古い場合があります。
また中古PCで、Core i7、Core i5が安く売っていますが、それは4世代くらいの古いプロセッサの場合がほとんどですので、世代の確認は必ず行ってください。

中古パソコンが悪いというわけではありません。パソコンも新品だと値段も高いですし、高性能なパソコンは必要ない場合もあります。YouTubeなどの動画閲覧やメール、WEBニュースなどを見る程度なら安い中古パソコン(Core i7など)でも十分かもしれません。ただし中古PCの古い世代のCeleronプロセッサは性能が低く、動きも重たくて、動画も高画質にできなかったり、動画がカクカクする場合があるようですので購入する際は商品説明をよくご覧ください。
自分のライフスタイルと互換性にあったモデルかどうかの確認をおすすめします。

個人的にはWindowsならCPUは最新世代のCore i7は欲しいです。
動画編集や高負荷作業、ゲーミングPC向けのゲームの「FPS」や「3Dグラフィック」を要するゲームをするにはより高い性能のCore i9を選ぶ人もいますが、とても高い買い物ですし、グラフィックカードの性能も求められるので、CPUだけ性能が高くてもGPUの性能が低いと快適にできないので、販売店に具体的な使い道を説明し、相談することをおすすめします。

RAM(ランダムアクセスメモリ)の重要性

マルチタスキングとパフォーマンスに影響するRAMはパソコンが同時に実行できるプログラムやデータを一時的に保持する役割を果たします。
十分なRAM容量を持つことで、複数のアプリケーションを同時に実行したり、大容量のファイルをスムーズに処理したりすることができます。

RAMの速度と帯域幅は、データの読み書き速度や転送能力に影響を与えます。
高速なRAMや広い帯域幅を持つRAMは、データ処理やアプリケーションの起動速度の向上に寄与します。

パソコンの将来を考える際には、RAMの拡張性も重要です。
メモリを追加できる余地があるかどうかを確認しましょう。これにより、将来的なニーズやアップグレードに対応できます。
しかしながら購入時に十分なRAM容量のものを選ぶ方がいいです。またお店によっては買う時にRAM容量を決めることもできますので確認ください。

CPUとRAMは、パソコンのパフォーマンスとスムーズな動作に直接影響する重要な要素です。目的や予算に応じて、適切なCPUとRAMの性能や容量を選ぶことが重要です。十分な調査と比較を行い、自分のニーズに最適な組み合わせを見つけてください。

昔は2GB搭載のPCもありましたが、最近のPCはCPUの性能も上がり、写真や動画データなども高画質になって作業負荷も増えてきたこともあり、そこそこ高性能なパソコンは、最低でも8GB以上がほとんどになってきました。
個人的にはRAM16GBは欲しいです。
動画編集などの高負荷作業を行うのであればRAM32GBは欲しいという人もいます。

信頼性のあるメーカーを選ぶ

パソコンのメーカーも選ぶ際には重要な要素です。信頼性のあるメーカーは、品質の高い製品を提供しています。有名なメーカーは、一般的にサポートも充実しており、アフターサービスも保証も安心です。また、口コミやレビューを調べることも重要です。
他のユーザーの評価や意見を参考にすることで、失敗を避けることができます。

予算を考慮する

パソコンの予算は、選ぶ際に欠かせない要素です。
自分の予算に合わせて適切なパソコンを選びましょう。
高性能なパソコンは魅力的ですが、予算オーバーになってしまうと後悔することもあります。
必要な機能を優先し、予算内で適切なバランスを見つけることが大切です。

レビューや評価を確認する

購入を検討しているパソコンについて、レビューや評価を調べることも重要です。
信頼性や性能、耐久性などの情報を得ることができます。
信頼できるウェブサイトやコミュニティでの意見交換などを通じて、様々な情報を収集しましょう。

拡張性や将来性を考慮する

パソコンは長期的な利用を考えると、拡張性や将来性も重要なポイントです。
将来的なニーズに合わせてアップグレードや拡張ができるか、周辺機器との互換性があるかなど確認しましょう。柔軟性のあるパソコンを選ぶことで、長く使い続けることができます。

ポータビリティとサイズ

移動が多い場合や持ち運びが必要な場合には、ポータビリティとサイズも重要な要素です。
軽量でコンパクトなノートパソコンや2-in-1タブレットは、持ち運びや旅行時、ノマドワーク(カフェやコワーキングスペースなどで仕事をする人)に便利です。
逆にデスクトップパソコンは高性能で拡張性に優れていますが、移動には不向きです。
使用環境や予定されている活動に応じて、最適なポータビリティとサイズを選びましょう。

ディスプレイの品質

パソコンのディスプレイは、長時間使用する場合には重要な要素です。
解像度、色再現性、視野角などの品質は、視覚体験に大きく影響します。
特にグラフィックデザインや映像編集などのクリエイティブな作業を行う場合は、高品質のディスプレイが必要です。ディスプレイの品質についても注意深く比較検討しましょう。
解像度はドットの数が多いほど解像度は高くなり画像は鮮明になります。表示される画面の領域が広くなるので、画面上のアイコンは小さく細かい文字で表示されます。ノートパソコンでは解像度が低い場合もありますので要注意です。
本来は2カラムでモバイル表示対応のホームページ(サイト)で、解像度が低いディスプレイの場合はモバイル、タブレット表示になり、1カラムでの表示になったりするので、購入の際はそれらを考慮する必要があります。

バッテリー駆動時間

ノートパソコンを購入する場合は、バッテリーの駆動時間も考慮すべきです。
長時間の移動や外出先での作業時に、長持ちするバッテリーは便利です。
バッテリー駆動時間は製品の仕様や使用法によって異なるので、注意して比較しましょう。

入出力ポートの種類と数

使用する周辺機器やデバイスとの接続性を確認するために、パソコンの入出力ポートもチェックしましょう。USBポート、HDMIポート、イーサネットポート、USB-Cなど、自分が利用する機器やデバイスに適したポートが揃っているか確認し、必要な接続をスムーズに行えるかを考慮しましょう。

オペレーティングシステムの選択

パソコンを選ぶ歳には、搭載されているオペレーティングシステム(OS)も重要なポイントです。
一般的に、Windows、macOS、Linuxなどが主な選択肢となります。自分の好みや必要なソフトウェアの互換性、利用環境などを考慮し、適切なOSを選びましょう。

パソコンの冷却機能

高性能なパソコンを使用する場合には、冷却機能が重要です。
長時間の使用や負荷の高いタスクをこなす際には、適切な冷却が必要です。
十分な冷却機能が備わっているか、または追加の冷却装置が必要かを確認しましょう。

ストレージの種類と容量

データの保存やファイルの管理には、十分なストレージ容量が必要です。
また、高速なデータ転送が求められる場合には、SSD(Solid State Drive)などの高速なストレージを選ぶことが重要です
必要な容量と性能を考慮し、適切なストレージオプションを選びましょう。

キーボードとタッチパッドの品質

パソコンを使用する際には、キーボードとタッチパッドの品質も快適性に影響します。タイピングのしやすさ応答性、キーの配置などは、使用体験に大きく関わる要素です。
また、タッチパッドのサイズや操作性も重要です。実際に手に取って試してみることで、自分に合ったキーボードとタッチパッドを選びましょう。

ネットワーク接続の種類

パソコンをネットワーク接続する場合には、使用する接続方法も考慮しましょう。
有線LANやWi-Fiのほか、最新の規格であるWi-Fi6やBluetoothの対応も重要です。
自宅やオフィスのネットワーク環境に合わせて、最適なネットワーク接続オプションを選びましょう。

セキュリティ機能

パソコンのセキュリティは重要な要素です。
ウイルス対策ソフトウェアやファイアウォールなどのセキュリティ機能が十分に備わっているかを確認しましょう。
また、指紋認証や顔認証などのバイオメトリクス認証も、セキュリティを強化するためのオプションとして考慮できます。

まとめ

パソコン選びには多くの要素が関わりますが、目的に合ったスペックの選択、信頼性のあるメーカーの選定、予算の考慮、レビューや評価の確認などが重要です。
また、拡張性や将来性、ポータビリティやディスプレイの品質、バッテリー駆動時間、入出力ポートの種類なども考慮すべき要素です。さらにCPUとRAMの性能についても正しく理解し、自分のニーズに合った選択を行いましょう。
まだ他にも考慮すべき点があると思いますが、これらのポイントを押さえて、また最新情報を収集して失敗しないパソコン選びを実現しましょう。
私が今まで買ったパソコンの中には性能は良かったのですが、ファンの音だったり、耳障りな高い音がするパソコンもありました。音がうるさいパソコンはストレスになります。これは買ってみないとわからなくて私も失敗しました。作動音や起動音などは調べようがないので難しいですが、口コミやレビューは必ず見た方がいいかもしれません。

※個人的な感想です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次