真夏の停電に備えよう 必要な注意と準備 冷蔵庫はどうする?

  • URLをコピーしました!

このページには広告が含まれています。

毎日暑いですね。
真夏の暑さで我慢できないこともありますが、なかでも特に厄介なのが停電です。
真夏の停電に備えて、注意すべき点や準備しておくべきものをご紹介します。

目次

真夏の停電で注意する点や準備しておくべきものとは?

真夏の停電で備えるもの、準備しておくものとは?

真夏の停電で注意する点、備えておくべきものなどをご紹介します。

適切な情報収集

停電の可能性が高まる時期や、近隣のエネルギー供給状況を把握することが重要です。地元のニュース、自治体のウェブサイト、全国の気象情報(台風や大雨注意報など)を定期的にチェックしましょう。また、停電発生時の連絡手段として、携帯電話の充電を忘れずに行っておきましょう。

常備食料と飲料水の確保

真夏の暑さでは熱中症のリスクが高まります。停電が予想される場合、保存期間の長い非常食を備蓄しておくことや、十分な飲料水を確保することも忘れずに行うといいでしょう。また塩飴や熱中症対策飲料水も用意しておきましょう。

クーラーと扇風機の予備

停電時にクーラー(エアコン)や扇風機が使えないと、暑さで不快な思いをすることとなります。予備のバッテリー式のファンや手動式の扇風機を用意しておくことで、少しでも快適な環境を維持できると思います。

フラッシュライト

停電時には明かりが不足します。忘れずにフラッシュライトなどを用意しておきましょう。

防虫対策と虫除けスプレー

真夏は虫の活動が活発です。停電によって窓を開ける必要があると思うので、蚊や虫の侵入を防ぐために網戸を使用したり、虫除けスプレーを準備しておくことをおすすめします。

電子機器のバックアップ

停電時にはスマートフォンやタブレットなどの電子機器を充電できなくなる可能性が高いです。予備のモバイルバッテリーを用意するか、バッテリー消費を抑えるために、必要な通信やアプリの使用を最小限に抑えることが重要です。
スマホには限られたアプリだけを起動する長時間のエコモードのようなものがある場合がありますので、事前にやり方を見直しておくといいでしょう。

長期停電への備え

もし長期間の停電が予想される場合は、近隣の避難所や友人、家族の家へ非難を検討することも大切です。特に高齢者や体調の弱い方、赤ちゃんがいるご家庭は、早めに対策を考えておくことが重要です。
事前に避難できそうな所などを考えておくといいでしょう。

冷蔵庫も真夏の停電時に注意が必要

冷蔵庫は真夏の停電時に注意が必要な家電の一つです。
食品の腐敗や細菌の繁殖を防ぐために、冷蔵庫に関する備えも忘れずに行いましょう。

冷蔵庫の温度を確認

停電発生前に、冷蔵庫の温度を確認しておきましょう。
冷蔵室の温度は4度から5度程度、冷凍室はマイナス18度以下が理想的です。温度が適切であれば、停電時の影響をできるだけ軽減できます。

ドアの開け閉めを最小限に

停電が発生すると冷蔵庫の冷気が徐々に失われていきます。停電時には冷蔵庫のドアを開け閉めすることを最小限に抑えるようにしましょう。ドアを開けたままにすると、内部の温度が上昇し、食品の劣化が進んでしまいます。

氷や保冷剤の用意

停電が予想される場合は、冷蔵庫に氷や保冷剤を準備しておくと便利です。氷を冷蔵庫に入れておけば、停電時に食品の冷却効果を長持ちさせることができます。
冷凍庫に保冷剤を常に入れておいて冷やしておけば停電時に少しでも長く冷たさを維持できる場合があります。

真夏の停電は快適な生活を脅かす要因ですが、適切な備えと注意をすることで、安全で快適な状況を維持することが可能です。
いま挙げた対策以外にも、停電に備えるために考えるべきポイントは様々です。
地域の特性や家族構成など、個々の状況に応じてさらなる対策を検討することが重要です。
停電時の備えは、未来と自分と家族の安全と快適な生活を守るための投資です。日頃から少しずつ準備を進めることで、災害時の不安を和らげることができるでしょう。

※個人的な感想です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次