楽天モバイルの低速モード(1Mbps )使い放題で出来ることを検証してみた!

まずはじめに「楽天モバイルが凄く良い」件の話です。

2018年12月から某携帯会社を解約し、楽天モバイルを契約しました。

楽天モバイルの契約プランは、

  • 「スーパーホーダイ」
    月額基本料:1,480円(2年間)

です。

こちらのプランを契約できるのは、

  • 楽天会員
  • プランSを最低利用3年で新規申込

であること。

ちなみに私は楽天会員のダイヤモンド会員なので、

  • 月額:980円
    ※楽天会員がプランSを最低利用3年で新規申込し、対象月がダイヤモンド会員だった場合の1年目

で500円安く利用できています。

これから話す「凄いぞ楽天モバイル!」のことは「スーパーホーダイ」のプランでの話となりますのでご注意ください。
目次

なぜ某携帯会社を解約して楽天モバイルにしたのか?

  • なぜ某携帯会社を解約して楽天モバイルを契約したの?
  • 他にもYahoo!モバイルなどの格安携帯などもあるけど、なぜ楽天モバイルにした?

と、疑問に思っている方、もしくは検討している方に説明しますと、月額基本料を安くしたかったこともありますが、

最大の理由は、データ使い放題

  • 高速通信容量を使い切った後は、最大1Mbpsで使い放題
    ※通信が混み合う時間帯(12時~13時、18時~19時)は最大300kbps

というデータ通信スピードだからです。

「たった1Mbpsの通信スピードのどこが凄いの?」

と、思われる方もいるかもしれません。

スマホで契約したデータ量を過ぎて、低速になった経験がある方はわかると思いますが、Yahoo!ニュースなどのWEBブラウジングやSNS(TwitterやInstagram)、ゲームアプリ、ツイキャス、SHOWROOMなどが遅くて(ネット用語では重いともいう)見れたものじゃないんです。

低速通信スピードになるとほとんどの携帯会社は、128kbpsくらいに通信スピードの制限となり追加でギガを買うか、来月になるまで我慢、辛抱するしかないのです。

しかし!

楽天モバイルのスーパーホーダイなら月の高速通信容量を使い切った後でも最大で1Mbps(時間帯により300kbps)のネット通信速度が出るので、たいていのことはストレスなくできるんです。

また、高速通信容量を使い切らなくても「楽天モバイルSIMアプリ」で、高速通信のON/OFF切替ができるので、いざというときは高速通信をオンにして、それほどスピードが要らない場合は高速通信をオフにして低速での使用ができるんです。

たったの1Mbpsは実は凄いんです!

実際に私が楽天モバイルを1ヶ月以上使ってみての感想です。
※電波の良い場所での検証です。

  1Mbpsの場合 高速通信の場合
メッセージやメールのやりとり ◎ 快適 ◎ 快適
SNS ○ まあ快適

○ Twitter
○ Instagram

◎ 快適
Webブラウジング ○ まあ快適 ◎ 快適
地図・ゲームアプリ ○ まあ快適 ◎ 快適
動画再生 ○ まあ快適

○ Youtube(画質480P・320P)
○ GyaO(中画質)
○ U-NEXT(低画質)
○ Buzz Video(画質480P・240P)

大抵の動画は中画質か低画質にすれば見れるので動画が止まるようであれば低画質にする。

ただ広告が高画質のためなのかとても重く、たまに止まることはあるが、ちょっと我慢して待てばなんとかなるレベルでした。

◎ 快適
アプリダウンロード △ データが多いと数分はかかる。 ◎ 快適
生配信サイト ○ まあまあ快適

○ TikTok(たまに動画が止まるけどまあ見れる)←これはSNSに入るのかな?

○ SHOWROOM(オリジンル画質、低画質たまに止まる時があるがまだ見れる)電池節約モード有効

○ ツイキャス視聴(ソース高画質・標準画質・低画質)
○ ツイキャス・ライブ配信(標準画質カメラ配信(遅延が発生するようになった)・低画質カメラありなら問題なし)

最近は生配信サイトも人気なのでアプリをインストールして試してみました。
視聴もライブ配信(カメラあり・高画質配信・標準画質配信)最近は遅延が発生します。低画質配信なら問題なくできました。

ツイキャスをしている方で視聴やライブ配信をしている方はかなり嬉しいことではないでしょうか?

標準画質視聴:3分で約2M
高画質視聴:3分で約10M

のデータ通信を使うので頻繁に視聴・ライブ配信をする人はすぐに月の高速通信容量を使い切ってしまうと思うので、それが配信視聴放題(使い放題)になるのは凄いことだと思います。

※今回の検証は閲覧数0、コメントなしの場合で、閲覧数が多く、コメントが多かったら遅延する場合もあるかもしれません。
コラボはしたことないのでラグ(遅延)するかわかりません。

※あとは機種(端末)の性能にもよると思いますので、あまり安い端末だと出来るのか、どうなのかなって感じはあります。

◎ 快適

1Mbpsと128kbpsの通信速度を動画でチェック

たかが1Mbpsだと思うかもしれませんが、比較するとその違いが明らかです。1Mbpsって結構凄いんですよ!

1Mbpsと128kbps(某携帯会社の低速モード)WEBブラウジング比較

楽天モバイルの低速モード(最大1Mbps)と、一般的な低速モード(128kbps)で、楽天市場のWEBサイトを開いて比較した時です。

これだけの開くまでに時間の差があるんです。

1Mbpsと128kbps(某携帯会社の低速モード)地図アプリ(グーグルマップ)比較

楽天モバイルの低速モード(最大1Mbps)と、一般的な低速モード(128kbps)で、グーグルマップを開いて比較した時です。

これならストレスなく地図で検索したり地図を見たりできますね。

1Mbpsと128kbps(某携帯会社の低速モード)動画再生比較

楽天モバイルの低速モード(最大1Mbps)と、一般的な低速モード(128kbps)で、動画を見るために開いた時の比較です。

どうですか、128kbpsなんてエラーが出てまともに動画が観られませんね。ところが楽天モバイルなら余裕で動画が観られますね。

10分間以内の国内通話かけ放題

魅力その2は、10分間以内の国内通話ならタダってことです。

10分かけ放題は、今までは別途契約する必要があったらしいのですが、スーパーホーダイのプランの中に標準で付いてくるんです。

「楽天でんわ」アプリで通話すると10分間以内なら無料になります。

楽天モバイルで端末ごと契約した場合ははじめからインストールされています。

これ地味に凄い。

ちょっとした連絡なら数分あれば十分ですよね。
今までの某携帯会社では、5分くらい話したら200円くらいしたので、それを10回しただけで、通話料金が2,000円になったりしたんですよね。

それがタダになるってすごくないですか!
最近では、10分間以内の通話ならタダ(無料)なので、安心して電話をかけることができます。

楽天モバイルのデメリットは、LINEアプリは友達追加でID検索ができないこと。

いまや学校行事や会社の連絡案内などにも使われるLINEアプリですが、楽天モバイルは年齢認証がはじめからはできないのでLINEアプリの友達追加でID検索ができません。

携帯電話会社の年齢認証には別途携帯電話会社との契約が必要になります。携帯電話会社との契約がない場合は、LINEのID検索機能を利用できません。

楽天モバイルでのLINEの友だち追加には以下の方法があります。

  • ふるふるで友達に追加(ふるふるでLINE IDを交換)
    1. LINEアプリを起動し、「その他」をタップ
    2. 「友だち追加」をタップ
    3. 「ふるふる」をタップし、近くにいる相手と一緒に端末を振ります。
      ※端末の「位置情報」設定をONにする必要がある。
    4. 相手の名前が表示されるので、チェックして友だちに追加をする。
  • QRコードリーダーで友だち追加(QRコードでLINE IDを交換)「自分のLINE IDを相手に送る場合」
    1. LINEアプリを起動し、「その他」をタップ
    2. 「友だち追加」をタップ
    3. 「QRコード」をタップすると、QRコードリーダーが起動する
    4. 画面右下の「自分のQRコードを表示」をタップ
    5. 表示されたQRコードを、相手のQRコードリーダーでスキャンしてもらう
      ※交換する相手が近くにいない場合は、QRコードページ内でメニューボタンをタップするとメーラーが起動し、メールでQRコードを送信することができる。
  • 相手のLINE IDを受け取る場合
    1. LINEアプリを起動し、「その他」をタップ
    2. 「友だち追加」をタップ
    3. 「QRコード」をタップすると、QRコードリーダーが起動します
    4. 相手が表示したQRコードをカメラの枠の中に合わせると、相手のユーザー名とプロフィール画像が表示されます
    5. 「追加」をタップすると友だちに追加されます

このような方法でLINE友だち追加をする必要があります。

楽天モバイルでメーラーにつかうメールアドレスはないので、はじめにYahoo!フリーメールアドレスやGoogleメールアドレスを取得しておく必要があります。

簡単なのはYahoo!メールアドレスを取得しておき、メールアプリに登録しておけばいいと思います。

2回線目からもっとお得のプラス割

これ知らない人が多いみたい。
家族同時で入るならプラス割を利用すればお得になります。

2回線目からは、月額基本料3ヶ月0円+さらに通話プランなら5,000円還元!

プラス割を利用すれば2回線目の端末代を5,000円引きで購入することも可能になりますので家族で同時に入るなら絶対チェックしておきたいところです。

プラス割には条件もあるので、楽天モバイルのWEBサイトやお近くの販売店で確認してください。

まとめ

今回は楽天モバイルのスーパーホーダイについて書いてみました。

魅力は何と言ってもデータ使い放題です。

最大1Mbpsのスピードが出るのでほぼストレスなくスマホを使うことができます。

某携帯会社の時のプランは2GBのプランで月額6,000円くらいでした。ネットサーフィン(WEBブラウジング)や、Google Map、Youtubeなどの動画サイトをみると、1週間ほどで使い切ってしまう状態でした。ギガ購入は1GB分で1,000円ほどだったかな。

そこで、楽天モバイルでは、高速通信容量を使い切っても最大で1Mbpsで使い放題というのを知りました。

1Mbpsあればそこそこのネット環境なので、SNSやLINE(LINE電話も含む)、動画サイト、配信アプリの閲覧などができると思い、思い切って某携帯会社を解約し、楽天モバイルを契約したのです。

楽天モバイルにして正解でした。
今まで1週間ほどで使い切っていた通信容量ですが、楽天モバイルにしてから高速通信容量は使ったことが少ししかありません。どうしてもスピードがほしい時以外は「楽天モバイルSIMアプリ」で高速通信をオフにしているからです。

しかも、使わなかった通信容量は繰り越しすることができるのです。これ凄いんですよね。

なので、普段は高速通信をオフにして節約しておき、高速通信が必要な時だけ高速通信をオンにしています。

それが可能なのが楽天モバイルの良いところだと思います。

LINEのID検索ができない点は面倒ですが、できないわけではないので良しとします。

以上、楽天モバイルを1ヶ月使ってみていろいろわかったことを記事にしてみました。

参考になれば幸いです。

※注意 ネット環境によっては電波が少ない場合があります。私のところはアンテナがフルでとても電波が良いところです。電波状況によって結果に違いが出るはずですのでご注意ください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる